賃貸でも勝手に変更して大丈夫?電力会社と大家・管理会社との関係

電力自由化が本格的に始まり、自分にあった電力会社を選び始める人が徐々に増えています。

そんな中、賃貸に住んでいるといろいろ不安に思う事がありますよね。

・賃貸でも電力会社を勝手に変えていいのだろうか?
・大家さんや管理会社に相談した方がいいのだろうか?
・これがきっかけで大家さんとトラブルになる事はないだろうか?
・・・

そこで今回は、電力自由化と大家さんや管理会社との関係についてお話ししていきます。

1.電力会社は自由に選ぶことができる

賃貸に住んでいても、電力会社は自由に選ぶことができます。

というのも、例え賃貸に住んでいたとしても、電力会社とは個別で契約しているケースがほとんどです。

ですので、個人で電力会社を切り替えてもなんの問題ありません。(携帯電話の乗り換えみたいなものです)

2.賃貸マンションだと電力会社を切り替えられない可能性も・・・

電力会社と個別に契約しているからこそ、自由に電力会社を切り替える事ができるのですが、大きなマンションの場合、マンションとして電力会社と契約していることがあります。(これを一括受電と言います)

この場合は、電力会社を自分の意志で切り替える事はできません。

ちなみに、玄関の横に電力メーターやスマートメーターがない場合は、この一括受電をしていると判断できます。

3.大家さんや管理会社との関係

電力会社を変更する際に、家を傷つける事や特別な工事をする必要はないので、大家さんや管理会社に対して、お金を支払う必要もありません。

もちろん、電力会社の切り替えは個人の自由ですので、大家さんや管理会社の人に相談する必要もなければ、おすすめされる電力会社に加入する必要もありません。

特に、「大家さんや管理会社から強制的に電力会社を切り替えさせられる」という問題が起こっていますので、この辺は注意するようにしてください。

また、いくら大家さんや管理会社に報告する必要はないと言っても、なるべく伝えた方が無難かもしれません。(特に電力メーターからスマートメーターに切り替える場合は、もめないためにも、一言入れておいた方が安心です)

4.トラブルになってしまう原因は?

大家さんや管理会社とトラブルになってしまう要因は、次の3つが挙げられます。

大家さんや管理会社と揉める原因

電力会社については、これまでもお話ししてきたとおり、自由に選ぶことができますので、しっかり主張しましょう。

それでも解決しない場合は、マンション専門のお悩み解決センターがありますので、そちらに相談するようにしてください。

また、マンションの構造上、電力メーターからスマートメーターに切り替える際に、特殊な工事が必要なケースがあります。(壁を削ったりする必要が出てくるなど)

そのような、マンションを傷つけてしまうような工事を勝手にやってしまうと、大家さんや管理会社と揉めることになるので、その場合は必ず一言相談するようにしてください。

5.まとめ

電力自由化で、電力会社を自分にあったものに変更できるようになりましたが、それによって大家さんと管理会社と揉めるという事は、本来ありません。

ただ、ちょっとした認識の違いや、一言伝えていなかっただけで、揉めてしまうというケースが徐々に出てきていますので、その辺は注意するようにしてください。