実は一番お得?電力自由化で受けれる太陽光発電のメリット

電力自由化によって、さまざまな電力会社を選べるようになり、以前より電気代が安くなったと感じている人も徐々に出始めています。

「ただ、太陽光発電を導入している家庭では、電気をあまり使わないから、ほとんどお得にならないのでは?」と疑問に思う人も少なくありません。

実際、対してお得にならなそうですよね?

そこで今回は、電力自由化は太陽光発電でもお得になるのかについてお話ししていきます。

もちろん、太陽光発電でもお得になるのですが、その理由についてじっくりお話ししていきます。

1.電力自由化で太陽光発電はもっとお得になる

太陽光発電は、これまでも十分電気代をお得にしてくれていましたが、電力自由化によってさらにお得度が増しています。

というのも、太陽光発電を利用していると、電気を買う量が少ないため、さまざまな料金プランを検討することができます。

そのため、セット割や時間帯割りなどさまざまな選択肢が生まれるため、電気代がお得になるプランを選びやすいです。

2.なんで太陽光発電だと選択肢が増えるの?

太陽光発電でない家庭は、なかなかベストな料金プランというのが見つかりません。

例えば普通の家庭だと、昼間はあんまり電気を利用していなかったつもりでも、実際調べてみると結構利用していて、夜得プランを選んでお得になった分と昼間電気代が上がってしまった分が、どっこいどっこいになってしまうケースが少なくありません。

3.太陽光発電がお得になる3つの理由

そもそも、太陽光発電を利用している家庭では、電気の利用量そのものが少ないので、使い方によっては非常にお得になります。

具体的には次の3つの理由が挙げられます。

電力自由化で太陽光発電がお得な3つの理由

理由1.1か月の電気利用量(電気を買う量)が少ない

太陽光発電だと、電気を買う量が少ないため、各社が発表しているセット割プランを躊躇なく選べる可能性が高いです。

というのも、電気の使用量が少ないと、どこの電気会社と契約しても電気代が以前とさほど変わらないため、セット割でお得になる分だけ、年間の支払いが少なるケースが多いからです。

ちなみに、新しくできた料金プランは、どれも電気の使用量が多ければ多いだけ、以前の電気代より安くなるように設定されているので、電気の使用量が平均的だと、今より電気代が高くなってしまうケースも少なくありません。

理由2.昼間はほとんど電気を購入しない

太陽光発電を利用していると、太陽が出ている昼間はほとんど電気を購入することはありません。

そのため、夜得プランを利用すれば、ほぼ間違いなく今より電気代が安くなります。

理由3.今より高く電気を買ってくれる会社がある

理由1.2でお話ししたように、太陽光発電を利用していると、さまざまなお得プランを選ぶことができます。

それだけでも十分お得になるのですが、その中から今より電気を高く買ってくれる電力会社に選ぶ事で、よりお得にできます。

4.電気を高く買い取ってもらえる理由

太陽光発電で発電した電気はクリーンエネルギーですので、この電気を買い取ると国から補助金がもらえます。(まぁこの財源は私たちが支払っているんですけどね…)

この補助金は、だいたい買い取り価格の6割くらいですので、多少買い取り価格を高くしても、ぜんぜん利益が出せる仕組みになっています。

ですので、これまでより電気を高く買ってくれる電気会社が出てきているというわけです。

ちなみに、今までより高く買ってくれる電力会社の買い取り価格の相場は、今までの料金+1円が相場になっています。

5.まとめ

太陽光発電を利用している家庭は、電気を買う量が一般の家庭と比べると少ないため、電力自由化後も特に変わらないと思いがちです。

しかし、電気を買う量が少ないからこそ、様々な選択肢が生まれ、今より電気代を落としたり、お得に生活できる可能性があります。