電力自由化で電力会社にメリットはあるの?気になるメリットを公開

電力自由化が始まり、さまざまなメリットが紹介されていますが、電力会社にメリットはあるのでしょうか?

確かに、新たに電力事業に参入してきた企業にとっては、数多くのメリットがありそうですが、これまで電力を売ってきた会社にとってはどうなのか気になりますよね…

そこで今回は、電力自由化によって新しく参入してきた企業はもちろん、これまで電気を売っていた電力会社のメリットについてもお話ししていきます。

意外と、電力会社にもメリットはあるんです。

1.電力自由化とは

私たちにとって電力自由化とは、さまざまな電力会社から電力を換える事になる事ですが、企業にとっての電力自由化は、私達にも電気を売れるようになる事です。

この辺は同じようで少し違うのですが、実はこれまでも企業に対しては私たちが利用していたような電力会社以外でも電気を売ることができました。

ただ、一般の消費者に対しては電気を売ることができませんでした。

今回の電力自由化によって、企業だけでなく、私達消費者にも電気を売れるようになりました。

電力自由化によって企業ができるようになったこと

2.新しく参入してきた企業のメリット

まずは、新しく参入してきた企業にとってのメリットを3つ紹介していきます。

企業にとっての電力自由化の3つのメリット

メリット1.電気を売れる機会が増えた

今までは、電力事業に参戦しても、企業に対してしか電力を売ることができませんでしたが、電力自由化によって消費者にも電気を売れるようになりました。

当たり前の話ですが、やはりこの部分が最も大きなメリットになります。

メリット2.自社サービスの離脱率を下げれる

ソフトバンクやauが最もイメージしやすいと思いますが、電気の契約を行う事で、自社ユーザーが他社に流れるのをかなり防げるようになります。

例えば、携帯のみの契約しかないと、他社で少しでもお得なプランが発表されたら多くのユーザーがそっちに流れてしまっていました。

しかし、携帯のみではなく、ネットや電気までまとめて契約していると、その辺のプランの変更まで行わないといけなくなるため、離脱率を一気に下げる事ができます。

これが、多くの企業が電力自由化に参加してくる大きな要因となっています。

メリット3.自社サービスに乗り換えてくれる可能性がある

メリット2と少し似ていますが、電気の料金プランを安くすると、他のサービスも自社に乗り換えてくれる可能性が出てきます。

先程もお伝えしたとおり、すでにどこかの会社でまとめてしまっているユーザーは難しいですが、携帯やネットなどを全てバラバラに契約しているユーザーは、電力会社の乗り換えと同時に、他のサービスも利用してくれる可能性があります。

ここも電力自由化の大きなメリットの1つと言えます。

3.既存の電力会社のメリット

既存の電力会社のメリットは1つですが、そのメリットがめちゃくちゃ大きいです。

それは、発電した電気の無駄がなくなるというメリットになります。

これは少し複雑なので、メリットとそのメリットがある理由の2つに分けてお話しします。

メリット1.電力会社に電気を売れる

電気はその性質上貯めておくことができないので、必要な量より常に多く発電しておく必要があり、多く発電してしまったものは捨てるだけでした。

それが、新しい電力会社の登場によって、電力を売る先が増え、無駄になる電気を減らすことができるようになりました。

メリット2.電気を貯めれないってホント?

正確には、電池のような少量の保存や電気を位置エネルギーに変換して保存することはできるのですが、町の電力需要を満たすほどの電気を貯めておくことはできません。

その量の電気を貯めておこうと思うと、莫大な敷地と管理が必要なため、とても現実的ではないようです。

メリット3.新しい電力会社に電気を売れる理由

実は、電力会社の中には、発電所を持たずに電気を売るという会社があります。

どういう事かというと、家庭に売る電気はこれまでの電力会社から買い、料金プランを従来の電気会社とあまり変わらないものにした上で、自社サービスの値引きを利用してユーザーを獲得するという戦略をとっているからなんです。

ですので、これまであった電力会社は、余った電気を割高な金額でこうした会社に売ることができ、電気を無駄にしないで済みます。(発電所を持っている電力会社の発電設備がダメになっても、電気を売ることができますよね)

4.私たちにとっての電力自由化

これまで、企業にとっての電力自由化についてお話ししていきましたが、結局は電気代がお得になるかどうかが気になりますよね。

現状、めちゃくちゃ電気代が安くなるという企業はなく、どの会社の料金プランを見ても似たり寄ったりの印象があります。

しかし、セット割をお得に使う事で、年間数万円の割引を受けれることも少なくありません。

ですので、今利用しているサービス会社が電力自由化に参加していないかを確認し、参入してみたら、電気料金の比較をしてみる事をおすすめします。

5.まとめ

電力自由化によって、多くの企業が電力事業に参入し、価格やサービス競争が起こっています。

一見、これまで電力を販売していた企業にはいいことがないような気がしますが、「余った電気を売れる」という大きなメリットがこれまでの電力会社にはあります。