意外と知らない一括受電!マンション暮らしでも電力自由化は関係大ありです

電力自由化によって、さまざまな電力会社を選択できるようになりましたが、マンション住まいでは、自由に電力会社を選べないと聞いた事はありませんか?

実は、一部のマンションでは一括受電という契約方式をとっており、その契約スタイルの場合は自由に電力会社を選ぶことはできません。

今回は、そんな「一括受電とはそもそもなんなのか?」という話をしていきます。

1.一括受電とは?

一括受電とは、マンションが業務用の高圧電流を購入し、家庭向けの低圧電流に変更して、各家庭に提供する仕組みになります。

一括受電の仕組み

そのため、契約そのものは電力会社と行いますが、電気はマンションから受け取る形になっています。

これにより、マンションの住人は通常の電気代より5~15%ほど、安い料金を払っています。(電気代ではなく、管理費等が安くなっているケースもあります)

2.一括受電だと電力会社を選べないの?

一括受電だと電力会社を選ぶことはできません。

基本的に、今契約している電力会社と契約をする必要があります。

ただ、一括受電向けのプランをいくつか出している電力会社であれば、料金プランの変更はできるので、一度問い合わせてみてもいいかもしれません。

3.マンションやアパートは一括受電なの?

マンションやアパートの全てが一括受電ではなく、ほんの一部が一括受電を利用しています。

ですので、例えマンションやアパート暮らしであっても、ほぼほぼ電力会社と家庭で直接契約し電気を受け取っています。

というのも、一括受電の条件は厳しく、次のような条件をクリアしないと、マンションやアパートは一括受電を導入することができないからです。

一括受電の条件

4.結局電力自由化後はどっちがおすすめなの?

今のところ、目立ってお得になるプランが発表されていませんので、一括受電でも普通の契約でも、特に違いはありません。

むしろ、電力自由化前のプランを利用している家庭と比較すると、ほぼほぼお得になっている状態です。

ただ、日頃の電気の使用状況によっては、お得度は変わってきますので、電気の使用量金が毎月数万レベルの家庭や、特殊な使い方をしているのであれば、1度電力会社に問い合わせてみる事をおすすめします。(一括受電の場合は、引っ越しをする必要があるので、正直そこまで損をしているというケースはないとは思いますが…)

5.まとめ

一部のマンションやアパートで一括受電が使われていますが、ほとんどの場合気にする必要はありません。

ですので、マンションやアパート暮らしであっても、電力会社を乗り換える事ができるので、検討してみる事をおすすめします。

ただし、残念ながら一括受電のマンションやアパートに住んでいる場合は、電力会社を乗り換える事は出来ないので、注意するようにしてください。