オール電化なら電力自由化でも切り替えない方がお得?

電力自由化が導入されたことにより、2016年4月からは、契約する電力会社を消費者が自由に選べるようになりました。

電力自由化では、新電力に切り替えることによって電気代が安くなることが大きなメリットとなっていますが、これはオール電化の場合にもあてはまるのかが問題になります。

1.今はプラン変更しない事が一番お得

実は、オール電化の場合、電力自由化によっても新電力に切り替えない方がお得です。

オール電化の人が、新電力に切り替えてしまうと、大幅に電気代が上がって大損をしてしまう可能性が高いのです。

今オール電化の契約をしている人は、くれぐれも注意する必要があります。

2. 新しいプランがお得じゃない理由

では、なぜオール電化の場合、新電力の新しいプランがお得ではないのでしょうか?

それは、現在のオール電化のプランがかなり安い価格設定になっているからです。

これまで、既存の電力会社は、オール電化を広く普及させるために、オール電化用のプランでは電気代をかなり安く設定してきました。

これまで、原発がたくさん利用されていましたが、原発を使って発電する場合、夜間にたくさんの電力があまります。

オール電化の場合、その電気があまってしまう夜間に給湯をするので、大幅に電気代を節約できるという事情もあり、より電気代を安くすることができたのです。

つまり、今のオール電化のプラン自体が「格安」の金額に設定されているので、ここから新電力に切り替えると、大きく電気代が上がってしまうのです。

3. プラン変更してしまう事のリスク

現在オール電化の契約をしている場合、新電力に切り替えると電気代が上がってしまうリスクがあります。

また、現在電力会社は、東日本大震災以後、原発が次々に停止したため電力のあまりが少なくなったことなどもあって、オール電化契約を縮小している現状があります

そこで、もし電力会社がオール電化のサービスをやめてしまったら、後になってまたオール電化契約をしたいと考えても、その頃には選べるオール電化のプランがなくなっている可能性もあります。

このようなことを考えると、オール電化契約をしている人は、今すぐに新電力に切り替えるのは得策とは言えません。

4.今後の注目ポイント

オール電化の場合、今すぐには新電力に切り替える必要はありませんが、今後は電力自由化の流れに注目しておくべきです。

たとえば、今は原発問題が起こっており、全国で原発がストップされつつあります。

この状況が長く続くと、オール電化を縮小する動きがさらに高まりますし、オール電化でも電気代の値上げが起こってくる可能性もあります。

また、電力自由化によって電力会社同士の価格競争が激化すると、オール電化よりも安いプランが登場してくる可能性が充分にあります

さらに、今後は電力自由化に習ってガス自由化も行われる可能性があります。

そうなると、今のオール電化よりもお得なプランが出てくる可能性があるので、そのようなものも、注意しながら待っていると良いでしょう。

5. まとめ

今回は、オール電化の場合には電力自由化で新電力に切り替えてもお得にならないこととその理由を解説しました。

オール電化の場合、今の契約内容がかなりお得なので、すぐには新電力への切り替えをしない方が良いです。

ただ、今後いつまでもこの状況が続くとは限らないので、動向を注視していくことが必要です。