【電力自由化】新電力のデメリットを分かりやすく徹底的に解説!

2016年4月から始まった電力自由化ですが、多くの人が新電力会社に興味を持つことになりました。

新電力と契約すれば、今まで以上に電力料金が安くなり、1年で消費する電気代が抑えられると考えている人も多いでしょう。

新電力を利用することで、そのような恩恵を受けることができますが、デメリットについても知っておく必要があるでしょう。

今回は、新電力のデメリットに焦点を当てて分かりやすく解説していきたいと思います。

1.新電力のデメリット

現在、電力会社を変更していない方は、自分の地域に密着した昔から存在する既存の電力会社を利用しているでしょう。

もし、あなたが新電力に変更していない状態であるならば、事前にデメリットについて理解しておきましょう。

また、新電力に変更してしまった人も、今後のために基礎知識として覚えておいてください。

デメリット1.電気料金が上がる

新電力会社の電力料金表を確認してみないことには、明確なことは言及できませんが、新電力に変更することで電気料金が上がってしまう可能性があります

新電力というのは、既存の電力会社よりも必ず安いということはありません。

既存の電力会社というのは、現在でも膨大なお客様を抱えており、常に契約先へ安定的に電力を送電するために、新電力会社にはないような大きな資金を抱えています。

そのため、既存の電力会社の方が、電力料金を安く提示できているということがあるのです。

新電力会社と変更する際は、料金表を見比べて、1ヶ月計算と1年間計算をしっかりと行い、具体的な差を把握してから電力会社を変更すると良いです。

また、1人暮らしの家庭やオール電化を導入している家庭は 、今のところ新電力会社に変更しない方が良いでしょう。

電力料金が上がってしまう可能性が非常に高いです。

デメリット2.料金体系が複雑になる

新電力会社が出るようになり、すでに実感している人もいると思いますが、料金表が非常に複雑になっています。

2016年の4月から電力自由化は導入されていますが、この具体的な意味について理解している人は非常に少ないです。

それにも関わらず新電力会社は、少しでもお客様を集客するために、たくさんのサービスを提供し始めています。

朝の時間帯に電力を利用することで電気代を安くすることができるサービスであったり、携帯電話と同時申し込みすることで安くなるサービスであったり、入会することで申し込み特典がある新電力会社も存在します。

電力について全く詳しくない初心者は、どのサービスを選んで良いか分からず混乱してしまうでしょう。

この点については、自分にぴったりの電力会社を選ぶことができる無料査定サービスも導入されていますので、利用する機会があれば、使ってみていただけたらと思います。

デメリット3.支払い方法に制限が掛かる

既存の大きな電力会社であれば、支払い方法に関して、多種多様に対応してくれていました。

銀行口座からの口座引き落としやクレジットカードを利用して支払う方法など、自分の家庭の状況に応じた決済が可能でした。

新電力会社の場合、クレジットカードの利用しかできないといったような各会社の独自のルールが存在するため、契約を変更した場合にデメリットが発生することを覚えておきましょう。

デメリット4.電力供給が不安定になる

電力自由化で新電力会社を利用すると、サービスそのものが安定している企業ばかりではありませんので、状況次第では、倒産してしまう可能性があります

新電力会社からの電力供給は不安定になりますが、電気が来なくなるということはありません

なぜならば、地元に密着している昔ながらの既存の電力会社がサポートを行ってくれるからです。

現在、昔ながらの既存の電力会社と新電力会社が同じ電気の通り道を利用しているため、そのようなサポートが実現可能となっています。

そのため、新電力会社からの電力供給は、不安定になりますが、昔ながらの既存の電力会社が継続して電力を供給してくれますので、いつも通り利用することができます。

昔からの既存の電力会社に何かしらのトラブルに対応してもらった場合、新電力の現在の電気料金から追加料金がある可能性がありますので、事前に調べておくと良いです。

デメリット5.違約金が発生する

新電力会社に契約を変更した場合、また新たに新電力会社に変更したいと思っても、違約金を支払う必要性が発生する可能性があります。

違約金制度とは、安易に別の企業の契約内容に変更されることを防ぐための対策のことです。

違約金で確認すべきことは、2つのことです。

1つめは、違約金の発生期間です。

2つめは、違約金として支払う金額です。

新電力会社と契約する前に、「○年以内に定められた条件以外で解約すると○万円の違約金を支払う義務がある」というような文面がありますので、事前確認をしっかりと行っていきましょう。

デメリット6.紙の請求書が有料になる

新電力会社になると、エコなどの環境を強く意識する企業傾向が強くなるため、「インターネットで確認できるweb明細」が発行されることが一般的になっています。

そのため、紙の請求書を発行するように新電力会社に依頼すると有料になる可能性があります。

この点に関しては、それぞれのサービスとして無料で許容できる範囲が違いますので、確認しましょう。

デメリット7.政府の縛りがなくなる

一般的に電力会社というのは、政府に管理されながら運営されている事実をご存知でしょうか。

私たちの生活にとって、電気とは、必要不可欠なものです。

その電力の請求が5月は、1ヵ月1万円であったにも関わらず、10月になると1ヵ月12万円の請求が来ることになれば、生活することができません。

そのような不当な電力の値上げ行為が行われることを防ぐために政府の管理が常に行われているのです。

しかしながら、新電力会社の登場によって、正しい価格でサービスを提供しない企業は、お客様から選ばれなくなりますので、今後、政府の縛りがなくなってくることが推測できます。

この点については、未定項目となりますので、今後の動向を確認しておくと良いでしょう。

政府の縛りがなくなる場合、 自分で判断する力が求められることになります。

2.新電力のメリット

新電力会社を正しく選ぶことができれば、現在の電力料金よりも安い電力会社を選べる可能性があります。

そして、自然環境に良い風力や太陽などの再生可能エネルギーを選択できるという大きなメリットがありますので、正しい方法で契約していただきたいと思います。

3.まとめ

新電力会社との契約で発生するデメリットを分かりやすく解説してみましたが、全体的に理解できましたでしょうか。

特に気にするべきことは、新電力会社へ契約変後の電力料金の変化と支払い方法と違約金についてです。

要点だけは確実に理解し、サービスを調査すれば、あなたにぴったりの新電力会社が見つかりますよ。