マンションでの電力自由化の問題点を解説!

2016年4月から、電力の小売りが自由化されたので、一般の消費者でも自由に電力会社を選んで契約ができるようになりました。

マンションに住んでいる場合、新しい電力会社と契約することができないと思い込んでいる人がいますが、そのようなことはありません。

1.マンションと電力自由化の関係

分譲マンションでも賃貸マンションでも電力会社を変更することは可能です。

ただし、マンションの場合には、一定のケースで電力会社の変更ができない場合があります。

それについては、次の項目で詳しくご説明します。

2.マンションならではの問題はない!?

マンションでも基本的には新電力会社と契約ができますが、マンションならではの問題点がないのかが心配です。

マンションやアパートの場合、電力自由化後も電力会社の変更ができないケースがあります

それは、高圧一括受電契約をしている場合です。

これは、マンション全体が一括して建物全体で電気契約をしている場合なので、入居者が個別に電力会社を変更することができないのです。

ただ、電力会社の中には、高圧一括受電契約のマンションが利用できるプランをいくつか用意しているケースもあるので、この場合でも新電力の利用を検討出来ることがあります。

3.起こり得る問題

マンションの場合に新しい電力会社と契約をしたら、どのような問題が起こりうるのか考えてみましょう。

まず、賃貸マンションの場合には、勝手に電気契約を変更したことによって、オーナーとの間でトラブルになる可能性があります

このようなことを避けるためには、新電力に切り替える前にひと言オーナーに声をかけておきましょう

また、新電力に切り替えると、その電力会社が倒産するリスクがあると考える人もいますが、実際にはセーフティネット(フォロー制度)が用意されていて、既存の電力会社が電力を融通してくれるので、その心配はありません。

つまり、新電力が倒産などによって電力を供給できなくなった場合には、既存の電力会社が新電力の契約者のもとに電力を届けてくれるので、停電が起こることはないとされています。

4.電力自由化の問題点

次に、電力自由化の問題点を見てみましょう。

まず、電力会社を切り替えても、思ったほどには電気代が安くならないこともあります

切り替えの際には、しっかりとシミュレーションをして、本当に安くなるのか、どれだけ安くなるのかを検討して理解しておくことが重要です。

さらに、新しい電力会社の中には顧客サービスが悪い業者もいます

たとえば電話がつながらなかったり連絡がつかなかったりする電力会社もありますし、今後どんどん新規参入が増えてくると、カスタマーサポートが悪い会社も出てくる可能性があります。

このように、顧客サービスの悪い会社と契約してしまうと、いろいろとストレスが溜まってしまうことになります。

このように、電力自由化には問題点もあるので、理解しておきましょう。

5.まとめ

今回は、マンションの場合の電力自由化の問題点を解説しました。

マンションでも新電力会社と契約することは可能ですが、勝手に変更するとオーナーとの間でトラブルになる可能性もあるので、注意しましょう。

電力会社を切り替えても必ずしも電気代が安くなるとは限りません。今回の記事を参考にして、賢く電力会社の切り替えをしましょう。