マンションの場合、電力自由化で個別契約ができるのか?

2016年4月から電力の小売業が自由化されたので、消費者は自由に電力会社を選んで契約ができるようになりました。

しかし、マンションに住んでいる場合、電力自由化によっても新電力を利用できない可能性があります。

それは、マンションの電力契約の形態によるので、まずはマンションの電力契約の種類を確認しておきましょう。

1.2通りあるマンションの電力契約

マンションの電力契約には、「一括受電契約」「低圧契約」があります。

一括受電契約とは、マンションが全体で電力会社と高圧電力契約をして、入居者は高圧電力の契約者と低圧契約をすることにより、個別の電力を利用する形態です。

低圧契約とは、マンションの入居者が個別に電力会社と契約をして、電力の供給を受ける方法です。

2.どっちが個別契約できるの?

マンションの場合、低圧契約の場合には新電力会社との個別契約ができますが、一括受電契約の場合には個別契約はできません

一括受電契約の場合、建物全体が1つの電力会社と契約してしまっているので、個別の入居者だけが独立して電力会社を変えることができないからです。

これに対し、低圧契約の場合には、それぞれが独自に電力会社と契約しているので、個別契約により電力会社を変更することができます。

3.アパートでも個別契約可能?

マンションでもアパートでも、電力自由化の考え方は同じです。

アパートの場合でも、一括受電契約の場合には個別契約はできませんが、入居者ごとの低圧契約の場合には個別契約ができますので、新電力への切り替えが可能です。

ただ、賃貸アパートの場合に電力を切り替えるなら、ひと言オーナーに声をかけておいた方が良いです。

そうしないと、後になって「勝手に切り替えをした」などと言われて、オーナーとの間でトラブルになってしまうおそれがあります。

4.電気の切り替え方

次に、具体的に新電力への切り替え方法をご説明します。

新電力会社へ切り替えをしたい場合、まずは切り替え先の電力会社に申し込みをします。

電力会社によって、インターネットや電話、郵送などの方法で申込みが可能ですし、代理店を通じて申込んだらキャッシュバックが受けられるケースもあります。

申込の際には、氏名と住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報と、現在の電力会社の契約名義とお客様番号、22桁の供給地点特定番号が必要になります。

申込が済んだら、スマートメーターの設置が必要になるケースがあります。

これは、自宅にまだスマートメーターがついていない場合のみの手続きです。

スマートメーターとは、現在政府が設置を推進している次世代の電気使用量測定器のことで、たとえばパソコンやスマホなどからでも電力使用量が確認できるなどの機能があります。

スマートメーターは、新電力会社に申込みをすると自動的に用意してくれるので、申込者が作業や手続きをする必要はありません。

ただし、一時的に停電が起こる可能性があり、またメーター設置状況によっては工事が必要になるケースもあります。

5.今後どっちがお得になるのか

新電力に切り替えるのか、そのまま従来の契約を続けるのか、将来的にどっちがお得になるのかは消費者が最も気になっている部分です。

これについては、にわかに明らかにはなりませんが、自由化されたことにより、サービス内容は多様になっていくでしょうし、料金的にも安いサービスが出てくることは予想されます

現在でもガス会社とのセット割やキャンペーンなどの今までになかったサービスが実施されています。

今すぐ新電力に切り替えるメリットが感じられない方でも、将来的にお得なサービスや使い勝手の良い契約が始まる可能性がありますので、今後の動向には充分注意しておくと良いでしょう。

6.まとめ

今回は、電力自由化によって、マンションでも個別契約ができるのかを解説しました。

マンションの場合、一括受電契約なら個別契約できませんが、低圧契約なら個別契約によって電力会社の切り替えができます。

電力会社の切り替え手続きは、基本的には申込さえすれば良いだけなので、さほど面倒なことはありません。

今すぐには切り替えにメリットが感じられない場合も、将来的に良いサービスが開始される可能性はあるので、今後の動向に充分注視していくと良いでしょう。