いまさら聞けない!歴史的に重要な「京都議定書」とは何?

誰もが一度は、テレビのニュースなどで「京都議定書」という言葉を聞いたことがありますよね。

そんな取りざたされている「京都議定書」ですが、実は何のことかよくわかっていない方も多いのではないのでしょうか?

今回は「京都議定書」について分かりやすくまとめましたので、いざという時に恥をかかないよう頭の隅に入れておいてくださいね!

1、京都議定書とは簡潔に何?

京都議定書とは、1997年に世界各国の代表者が日本の京都に集まって約束した、「温暖化に対する国際的な取り組みのための国際条約」のことです。

条約とは国際法に基づいて成立する文書による国際的合意のことを指しています。

「条約」という名称だけでなく、「協約」「協定」「規約」「憲章」「宣言」「交換公文」「議事録」「議定書」などの名称も聞いたことがあると思いますが、優劣や違いはほぼありません。

京都議定書は、「温室効果ガス排出量レベルを2008年から2012年の間に、1990年比で約5%削減すること」を先進国全体に要求しています。

さらに、国ごとにも温室効果ガス排出量の削減目標を定めており、EUは8%、アメリカ合衆国は7%、日本は6%の削減を約束しました。

これにより、日本は「チーム・マイナス6%」というスローガンを掲げ、温室効果ガス削減に向けて励んでいます。

2、京都議定書が歴史的に大事な理由

京都議定書が歴史的に大事な理由は、先進国各国の温室効果ガス排出量削減目標が定められたからです。

今までは、「地球温暖化が進んでいるから、みんなで協力して削減していこうね。」や「不公平にならないように、温室効果ガスの排出目標を一緒にしてみない?」などの単なる話し合いで具体的な動きがありませんでした。

しかし、第3回目の京都で行われた「国連気候変動枠組条約第3回締約国会議」(通称COP 3)では、先進国全体の目標だけでなく、日本、アメリカ、EUをはじめとした先進国の具体的な削減目標が決められました。

このような初めて数字目標を定めた国際条約が完成したからこそ、京都議定書は歴史的にも大きな意味を持ちます。

3、京都議定書が発効されたのはいつ?

京都議定書は、1997年の京都で開催されたCOP3で採択されました。

ただ、採択されただけで効力はすぐに発揮されるものではなく、効力を発行するには京都議定書25条で定められた発行条件を満たす必要があったのです。

この発行条件では、二酸化炭素排出量上位国が批准することが大事になってくるのですが、なんと36%以上も占めるアメリカが批准を拒否するという事態が起きてしまいました。

その結果、中国・インドをはじめとした発展途上国が世界経済の阻害と考え批准を見送り、ロシア、オーストラリアも批准を見送ってしまったのです。

そののち、やっとのことで2002年6月に日本、2004年にロシアが批准し、結局2005年2月に発効することができました

結果的に、関係機関の努力や国際的な機運の高まりにより、190ヶ国以上の国と地域が締約しています。

4、発展途上国はどうなってるの?

京都議定書は、温暖化に対して先進国の排出削減を取り決めたものです。

理由は、先進国の産業革命の歴史が今の地球温暖化の原因となっているからです。

発展途上国はこれから経済発展していこうという時なのに、二酸化炭素排出規制をされては発展できませんよね。

そういった部分を考慮して、発展途上国には削減義務はありません

5、京都メカニズムとは?

京都メカニズムとは、京都議定書で温室効果ガス排出量に数値目標が課せられた国が目標を達成するために利用できる柔軟措置のことです。

以下の3つを総称したもののことを指します。

排出量取引
共同実施
クリーン開発メカニズム

・排出量取引

41

数値目標を持った先進国同士が排出枠を売買できる制度のことです。

排出量取引は自国で削減するよりも安い費用で排出枠を獲得できる場合は大きなメリットになります。

また、自国の余剰枠を販売することで、収益を得ることができますね。

・共同実施

432

数値目標を持った先進国が、同じく数値目標を持った先進国へ技術と資金を提供(投資)する代わりに排出枠を獲得できる制度ことを指します。

投資する国は自国内で削減するよりも安く温室効果ガスを削減できれば成功です。

投資を受ける国は外国の新技術や外貨を獲得できる点でメリットがあります。

・クリーン開発メカニズム

34

共同実施と似ているのですが、数値目標を持った先進国は、発展途上国へ技術と資金を提供(投資)する代わりに排出枠を獲得できる制度です。

ただ、発展途上国は京都議定書において数値目標はないために、排出枠はCDM理事会と呼ばれる国連機関が発行することになります。

6、まとめ

今回は京都議定書について簡単にまとめました。

全世界的に条約という形で環境問題に取り組んでいるのは素晴らしいことです。

日本の京都で行われた歴史的な出来事ですので、是非教養として覚えておきましょう。